初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

賃貸を借りる時に必要なもの

賃貸マンションを借りるときに用意しておくべきものが、初期費用、連帯保証人、住民票や身分証明書のコピー、印鑑です。このほかにも、借主と連帯保証人の収入証明書や、印鑑証明書を求められることもあります。初期費用は敷金・礼金・仲介手数料、火災保険料、家賃前払い分などを合わせた合計費用のことで、契約する物件によってかなり金額が違います。家賃が高い賃貸マンションほど、初期費用も高くなります。初期費用はキャッシュで一括払いが基本です。初期費用を支払わないと賃貸契約は成立しないので、必ずまとまった資金を貯めておくことが大切です。

もう一つ、賃貸契約で用意しておかなければならない重要なものが、連帯保証人です。連帯保証人は、通常父親か母親がなります。借主と同等の責任を持つことになる重要な存在です。仕事を持っていることが基本で、連帯保証人の収入証明書の提示を求めてくる厳しい不動産屋もあります。父親も母親も退職して仕事をしていなくて、他に頼めそうな人がいなくても諦めてはダメです。その場合は「保証人代行サービス」を利用すれば、連帯保証人なしでも借りれます。保証人代行サービスは、不動産屋の方で紹介してくれる場合もあります。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.