初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

先住者がいる時の賃貸の下見

次に自分が契約する賃貸物件に、まだ引越ししていない先住者がいる可能性もあります。そういう場合、たいていは外からの下見だけになってしまいます。しかし、出来れば不動産屋さんに掛け合って、中まで見れないかどうか頼むのも手です。先住者のOKが出れば内装まで確かめることが可能で、もしこれが出来た場合には、入居者がいない状態の部屋を見るよりも参考になる可能性が高いです。

なぜなら、家具や電化製品などの生活用品を置いている状態を見る事で、空き部屋を見るよりも実際の暮らしのイメージがつかみやすくなるからです。よく、引越し荷物を搬出すると家がこんなに広かったのかと驚かされますが、それと同じで何もない部屋はやけに広く見えてしまうものなのです。また、もしも先住者に話を聞くことが出来れば参考になります。先住者は物件を売りたいという意識で動いているわけではないので、本音で話してくれるケースが多いからです。

行き過ぎた質問はもちろんNGですが、周辺環境の様子やゴミ出しについて、などリアルな生活環境の話が聞ける可能性もあります。まずは先住者がいても内覧させてもらえないかどうかを不動産屋さんに掛け合ってみることが大切です。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.