初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

賃貸で敷金を返してもらうためにクリーニングの見積

商売をしているとある程度業者は決めるものです。仕入れ業者であったり、通信関係の業者、システム関係の業者などです。価格が安いところをその都度選ぶこともありますが、そのたびに業者の状況を調べないと行けなかったりします。安いだけで選ぶとあとで大変なことになるのです。賃貸物件を運営している大家さんにしても原状回復の業者などはある程度決めていることがあります。クリーニングや畳、鍵の交換の業者などがあるでしょう。

となると、敷金を差し引かれるときにもいつもの決まった業者に依頼されるかもしれません。その業者が安いところであればいいですが、高いところであればそれを負担しなければいけなくなります。そこで自分で見積をとってみます。この時にはどんな業者かは関係なく安くしてくれる業者がいいでしょう。そしてその見積書を大家さんに見せます。クリーニングをするとしたらこれぐらいでしてくれるそうですから引かれるとしてもこれぐらいですねと伝えるのです。

そうすると大家さんの方もあまり法外なお金を差し引けなくなるでしょう。クリーニング代は本来は引かれるものではないですが、引かれるのであればできるだけ少なくしたいです。実際に掃除をしてもらうのではなく見積だけなのでお金はかかりません。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.