初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

賃貸物件の狙いとして新しいアパート

マンションのイメージとしては10階建てや高層の鉄筋コンクリートがあるでしょう。アパートといえば2階建てで木造の瓦屋根のものをイメージするかもしれません。しかし厳密にはマンションとアパートについては区別はされていないとのことです。一応不動産業界においては一定の線引きをしてこれはマンション、それはアパートとしていることもありますが、業者によって微妙に異なることもあるようです。

賃貸物件を利用するときに、あまりイメージを持ちすぎるとマンションが住みやすい、アパートは住みにくいと思ってしまうことです。不動産屋が紹介してくれたものにマンションに飛びついてアパートは無視するような事にもなりかねません。せっかくのいい物件を見逃すことになるのです。マンションだから、アパートだからの認識はやめるようにします。同じ条件で紹介されたなら、同じフィールドで比較するようにしたいです。

でも多くの人はマンションがいい、アパートは嫌のイメージがあるためにいいアパートでも賃料が安めに抑えられていることがあります。新しいアパートになると設備もマンションとかわりなく、場合によっては設備が充実してる上、管理レベルもマンション以上の場合もあります。賃料も安いのでお得なことがあります。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.