初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

賃貸アパート経営のリスク回避

賃貸アパート経営をして、年金収入に上乗せしたい、副業収入として給料に上乗せしたいと考える人は多いと思います。しかし、いきなり借入をして土地建物を取得してアパートを建てて賃貸経営をしてもそんな簡単なことではないだろうと迷う人もまた多いはずです。そのうまくいかない心配のかなりの部分が、部屋を借りてくれる賃借人が埋まらず空室ができてしまうという、いわゆる空室リスクのはずです。いきなり売上げがごっそり消えてしまうわけですから心配するのも当然です。しかし、こういった場合に対応するために便利な仕組があります。それが一括借り上方式です。

不動産デベロッパーがからむ事業受託方式ではよく使われる方法です。仕組みとしては、不動産業者の仲介などを使って自分で一部屋一部屋の賃借人を探して埋めていくのではなくて、業者が一括して全室借りてくれるというものです。業者をこれを転貸するのです。もちろん、自分でやった場合の賃貸収入に比較すれば一括借り上げの場合の家賃は8割から9割程度に減ってしまいますが、それでも空室リスクにおびえるリスクを極限まで下げることができます。自分にノウハウはないが賃貸経営で安定収入を目指したい場合には、この一括借り上げの方法を検討してみるのも一つの考え方です。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.