初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

不動産賃貸における事業用定期借地権

土地を更地のままもっていても収入にはつながりにくいです。そして固定資産税などのランニングコストがかかるだけのありがたくない資産になってしまう場合も多いです。そうはいっても自分で借入などをして建物を建てて賃貸アパート経営などをするには借入資金返済のリスクを負うことになりますから簡単には踏み切れません。そんな場合に活用できるのが事業用定期借地権というものです。これは、事業をする人にその土地をそのまま貸し出して、そこに借りる人が建物を建てて商売などをするもので、その契約期間が終了した後は、その土地を持ち主に必ず返す、つまり契約更新をしないという仕組みです。

例えば、比較的交通量の多い道路沿いの土地などは、さまざまな種類の店舗が入りたいと考えるでしょう。しかし、普通借地権で貸してしまうと、正当事由がない限りその更新要求に応じざるをえないことになっています。しかし、この事業用定期借地権の制度を使うことによって、有効活用を図ると同時に将来の土地の利用に関する権利も確保することができるのです。注意点としては、この事業用借地権の契約をする場合には必ず公正証書で契約することになっています。また、基本的には更地で返還することになっています。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.