初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

妻の土地で賃貸アパート経営する場合の経費

土地は妻や父などの同一生計の親族のもので、その土地の上に自分で建物を建てて賃貸アパート経営をするという場合があるかもしれません。そういった場合には、その同一生計親族とのお金に関するやり取りは、所得税の計算上、少しややこしい処理を行う必要が生じる場合があります。

例えば、その親族に対して賃貸経営をする本人が地代を支払っている場合には、本人の気持ちとしては不動産経営に関わるコストとして不動産所得の金額の計算上、その地代を必要経費に入れたいと考えるのが普通でしょう。しかし、所得税ではそのような処理を認めていません。つまり、同一生計の身内に支払った地代は必要経費として認められず無視されるのです。

一方で、その土地所有者である親族が支払った固定資産税などは、アパート経営をしている本人の所得計算上、必要経費になることになっています。これは、その親族と本人が同一生計であれば、お財布が一緒で住んでいるため、同じお財布の中でお金が行ったり来たりしているだけだと見ているからです。この辺の理解を深めて密に詰めていけるとその後の変化も良い方向へ行くでしょう。ですから、外部に支払った固定資産税は、本人が払っていなくても同じ家計からお金が外部に出て行ったということで必要経費になるのです。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.