初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

賃貸住宅の暑さ対策にはすだれがいい

賃貸住宅は部屋によっては、暑さがこもってしまう部屋などあります。だからといってエアコンをガンガン使っていては生活費がかかりますし、なんとか電気代をかけないようにしたいものです。夏の暑さ対策のひとつにあるのは、すだれなどがあります。カーテンを使うのではなく、すだれを使っていると、室内にこもる暑さが少なくなってきます。これは室内に入る熱をすだれがカットしてくれるので、断熱効果があるのでとても重宝します。風通しがよくなるとなおさら熱が防止できますので、他の部屋との兼ね合いで窓を開けたり、ドアを開けっ放しにして対応するといいです。

すだれなどは外から室内が見えるのではないかと心配する人がいますが、実はすだれには目隠し効果が高くあり、外からは見えないようになっていて、室内からは外が見えるようになっています。賃貸ではこういった暑さ対策では、カーテンで熱を遮断するよりも、すだれがいいです。すだれと一緒に夏の暑さ対策には、風鈴もあります。風鈴があると、ちょっとした風に揺られて音が鳴るようになるので、暑さを助長するセミの鳴き声や、都会であればクルマの音や生活音を緩和してくれる効果があります。気持ちの問題でも変わってきます。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.