初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

賃貸マンションの暑さを空気の流れで逃がす

わたしの住んでいる賃貸住宅は、暑さが半端じゃないくらい部屋にこもる住宅です。結婚してから住み始めたのですが、4階建の3階に住んでいます。下の階に住んでいる人も一日家にいるような人なので、冬の寒いときは生活暖房を使っていて、温かいのですが、夏はとても我が家が暑く感じます。最初はリビングだけに熱を感じていたので、エアコンをつけて対応しましたが、実際に住んでいると他の部屋もあまり空気の流れが悪いのか、熱く感じるようになりました。しかも大変なのは寝室の熱がとても気になり、寝苦しい夜などは寝不足になってしまいます。

エアコンを寝室につけたいと思っても家計が許さないので、考えた対応策は窓と寝室のドアを開けっ放しにして、空気の流れを作ることでした。そうすることによって、ある程度は熱が移動しますので暑さが緩和されてきました。そしてマンションの作りなどは、ベランダが策になっていないので、コンクリートで覆われているために、すだれを使って、外からの日差しをカットしています。後からわかりましたが、すだれは熱を遮断してくれる効果があるということで、やはり涼しさがました。きっと賃貸マンションで、こういった悩みを持っている人もいますので、参考にするといいと思います。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.