初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

原状回復義務のない賃貸物件で自分の好みの改装をする

基本的に賃貸暮らしでは、契約者の都合で、建物の内装や外観を、好きに変えることは不可とされています。手持ちのインテリア家具を移動したり、カーテンを好みにしたり、といった自由はありますが、板を張り替えたり、改装したりすることは行わないものです。賃貸アパートやマンションでは、あまり聞かない、賃貸契約者による買いそうですが、中には改装可能な賃貸物件もあるのです。なかなか借り手のない一戸建て賃貸物件や、原状回復義務のない賃貸物件などは、入居者による改装も可能とされることがあるのです。原状回復義務のない物件というのは、探してみるとあるもので、近いうちに取り壊す予定になっていることもあります。

そういった物件であれば、たとえ賃貸だとしても、入居者の好きなように改装できるチャンスはあるわけです。ただし、退去までの期限が定められていることもあるので、改装して長く住みたいと考えるのであれば、退去期限が定められてはいない物件を探していくことです。契約自由の原則を把握し、契約もスムーズにいくようにしておきます。国土交通省による、原状回復ガイドラインのルールなども、事前に確認しておくと良いでしょう。原状回復義務がない物件であれば、賃貸といえども、自分の好きな住まいを実現することもできるのです。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.