初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

ロフト付き賃貸物件を探して空間を上手に利用する

一人暮らしのワンルームの部屋では、スペースは広くはないため、荷物を置くのにも、あまり余裕はありません。そこで探してみたいのが、ロフト付きの賃貸の部屋です。空間を上手に利用したロフトのある部屋は、狭い差を感じるワンルームでも、プラスのスペースを持てる余裕が持てます。ロフトは、とても狭いこともありますが、ベッド代わりに、布団を敷いておけるスペースがあることもあります。広さと個性的なロフトのある部屋というのは、ワンルームとは思えない、開放感を感じることもできるものです。

ワンルームの賃貸でも、そんな開放感のある部屋であれば、生活空間は下の部屋で、眠るときにはロフトをベッド代わりにと、空間の中でのメリハリをつけることもできるのです。一つの部屋の空間の中で、自由に場所を移ることができるため、気持ちの面でも切り替えができるメリットもあります。ワンルームの賃貸物件は、狭いのでインテリアも楽しめない、と思うのであれば、狭いながらもデッドスペースを活かすという手もあります。姿見の鏡の前や、壁にある飾り棚など、好みの雑貨や写真立てなどを置くだけでも、部屋のインテリアとなります。ロフトという空間と、デッドスペースを上手に利用して、心地の良いワンルームを実現させることができます。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.