初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

賃貸物件に住む上で気をつけること

賃貸物件とは、いわゆる人の貸し物件にお金を払って住まわせてもらっていることです。自分のものではないため、住む上では気をつけていかなければならないことがあります。まず、当然ですが傷をつけたり汚したりしないことです。退去時にクリーニングや補修は可能ですが、極力傷つけたり、壁のインテリアで穴をあけないようにするなどの気配りが必要です。

そして、何か不都合が出たら連絡をするということです。エアコンをもともと設置してある賃貸などはたいてい長年同じものが設置されており古い場合が多いです。こちらでフィルターを掃除したりしても詰まってしまったり効きが悪くなります。そんなときは壊れてしまう前に管理会社に連絡し、修理してもらうことが必要です。費用も管理会社の負担ですので、遠慮なく早めに連絡しましょう。

また、集合住宅であっても戸建であっても、周りには長年住んでいる方もいらっしゃいます。騒音などには特に気をつける必要があります。集合住宅の場合は、上下階などの騒音、早朝の掃除機や洗濯機、走り回るなどのことがないよう注意すべきです。借りている者同士、気持ちよく過ごせるよう注意を払っていきましょう。これも、もし問題があるようでしたら管理会社へ相談することができます。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.