初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

賃貸での原状回復は入居時に戻すことではない

もし住宅を貸す立場として考えてみましょう。ある人に貸しました。きれいに使ってくださいねと伝えました。きれいに使ってくれたようですが、劣化は否めません。元に戻してもらうために原状回復をお願いするとします。このときに入居時のように戻すとなると貸主はかなり得をすることがわかります。もし誰にも貸さずに置いておいてもそれなりに劣化するのです。それを元通りにしてくださいとは少し無理なことのように思うでしょう。

賃貸物件を利用するとき、敷金を事前に支払います。これは預かり金のようなもので後日返されると言われます。しかし退去時に一定金額を引かれることが多いと言われます。その内容として原状回復の費用があるようです。内容を見るとクリーニング代や畳の張替え代などが原状回復として計上されていました。でもこれらは負担しなければいけないものではありません。畳を焦がしたとか柱を傷つけたなどでなければ必要ないものです。

契約書に記載されていてもそれは無効とされます。でも入居時に確認はしておきたいです。クリーニング代、畳の張替え代を原状回復費として徴収するとあったらそれは外してもらうように交渉します。払う必要のないものだからです。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.