初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て

賃貸におけるローカルルール

日本は北海道から沖縄までがひとつの国ですが、北海道や沖縄は元々はそれぞれに文化を持っていたと言われます。また本州などでも今のように人が行き来していたわけではなく、地元に根づいて生活する人が多かったのです。法律などもきちんと整備されていませんでしたから、その地域のルールがあったと言われています。その後法整備によって日本全国ある程度は共通するようになりますが、その土地だからそうなっているルールが根付くことがあります。

賃貸においては東京ルールは結構多いと言われます。更新があって更新料を取られることがあるとされるのは東京ルールの一つでしょう。他の地域ではあまり見られません。更にあまり知られていないものもあります。それは何年以上住んでから退去すれば修繕費などの負担を貸主がして敷金から引かないとするものです。そんなルールがあるならやはりその何年の部分が気になります。1年、1箇月短いだけでルールから外れたらもったいないです。

年数としては6年住めばと言われています。ですから5年以上住んでいる場合は6年になるまで待ったほうが敷金の返ってきかたが異なるかもしれません。ただしすべての物件がこのルールにのっとっているわけではありません。

Copyright (C)2017初めての同棲生活で憧れの賃貸一戸建て.All rights reserved.